手話勉強会 > 指文字入門 > 00600_【五十音】第5回「な~の」行

手話勉強会 手話勉強会トップへ

00600_【五十音】第5回「な~の」

指文字ってなに?

50音を指の形で表現できます。ですから、うっかり手話を忘れてしまった時も大丈夫。
指文字50音を覚えれば、どんな単語も相手に伝えることができるのです。
さぁ、Let’s try!

<注!>

  • 指文字の図はすべて、相手から見た右手の絵です。 (相手に向けて下さい)
  • 左利きの方は、左手でもOKです。

第5回目は、「な~の」です。

「な」

「な」の手話イメージ

(アルファベットの"N"の形です)

ページトップへ

「に」

「に」の手話イメージ

(カタカナの"ニ"です)

ページトップへ

「ぬ」

「ぬ」の手話イメージ

("ぬすむ"を表しています)

ページトップへ

「ね」

「ね」の手話イメージ

(根っこの"ね")

ページトップへ

「の」

「の」の手話イメージ

(カタカナの"ノ")

ページトップへ

応用編

文字手の動き
濁音(ざ・じ・ず等)指文字を右にスライドさせます。
促音("っ")「つ」の形で手首を後ろに引きます。
長音(のばす時)人差し指で上から下に線を引きます。

ページトップへ

作成日:1997.01.30
Ltd. 1997

  • 一覧に戻る

手話検索

知りたい手話を入力して「検索」ボタンを押してください!見つからなかった場合はごめんなさい

アンケート

Supported byNECソリューションイノベータ